エスノグラフィック・アプローチによるデザイン思考〜 ユーザー体験を創造する新しいアプローチ 〜2019年

お問合せ・お申込みはこちら

ワークショップの目的

本ワークショップは、世界的に注目されている
「デザイン思考」と「エスノグラフィ調査(ユーザー観察調査)」の基礎を学び、
皆様の創造的活動の支援につながることを目的としています。

デザイン思考とは

言葉にはデザインが含まれていますが、通常行われているデザインプロセスを参考にしながら作りあげられた方法論で、誰もが新しい商品やサービスを創造できるようになることを目的としています。

アメリカを代表するデザインコンサルティング会社のIDEOが実践を始め、その後スタンフォード大学の学部横断的な研究所であるd.schoolが教育の一環として採用した経緯があります。
デザイン思考のプロセスには、主に次の5つのステップがあります。

デザイン思考の5つのステップ デザイン思考の5つのステップ

この講座では、これらのステップを一通り行います。【1.ユーザーを理解する】では、エスノグラフィ調査すなわちエスノグラフィックアプローチを、【4.アイディアを形にする】では、ダーティプロトタイピング(ラフなプロトタイプ)を作ることを体験いたします。

本ワークショップの特徴

本ワークショップは、パーソナルコンピュータの基礎を築き、エスノグラフィをビジネスに早くから応用した米国のゼロックスの研究所であるパロアルト研究所(PARC)に所属していた関東学院大・佐々教授が主に担当します。

デザイン思考のステップである【1.ユーザーを理解する】において、講師がエスノグラフィ調査(ユーザー観察調査)に造詣が深いため、エスノグラフィック・アプローチに重点を置いている点に特徴があります。

また、グループワークの際に、デザイン思考を学んでいる学生を各グループ1、2名ずつ含め、若い発想に触れることができます。
本ワークショップは、日本企業向けにアレンジされたプログラムに設計されています。デザインと関係の薄い方にも、丁寧に手法をお伝えします。

日程・会場

2021年1月11日(月・祝)
9:30〜18:00(終了後、懇親会)
12日(火曜日)9:30〜17:30

会場:東京都品川付近を予定しています。

主なプログラム内容

1.デザイン思考とは何か、エスノグラフィとは何か(座学)
2.デザイン思考の各ステップを体験(主に演習)
3.リフレクション(ワークショップを今後のビジネスに活かすためのディスカッション)

※ 本講座は日本語で行われます。

Day1(9:30〜18:00)
AM PM

オリエンテーション

  • プログラムの紹介

講義

  • デザイン思考とは
  • エスノグラフィックアプローチとは

教室外演習

  • 観察調査

演習・講義

  • 観察の分析
  • アイディア出しをスムーズに行う
  • アイディア出し

懇親会(希望者のみ)

Day2(9:30〜17:30)
AM PM

演習・講義

  • アイディアの結合
  • ダーティプロトタイプの重要性の認識
  • ダーティプロトタイプの製作

演習・講義

  • プレゼンテーション準備
  • プレゼンテーション
  • アイディアの評価
  • ワークショップの振り返り

参加費用

12月12日までに申し込みの方
120,000円(税別)

12月13日以降に申し込みの方
150,000円(税別)

(2日間、テキスト代を含む)
1日目終了後に懇親会実施(自由参加・参加費無料)
過去に参加された企業に所属の方、アカデミック関連の方は100,000円(税別)

問い合わせ先・申し込み方法など

定員:12
(チーム構成の都合上、申し込みは1社3名までにお願いいたします)

申し込み方法:https://form.run/@sasaまでお願いいたします。
お問い合わせ:sasa(アットマーク)kanto-gakuin.ac.jp
お急ぎの場合は 080-4009-2100 佐々携帯まで

講師(ファシリテーター)

佐々 牧雄

関東学院大学
人間共生学部共生デザイン学科 教授
博士(工学)

佐々 牧雄

前職はGUIの発明など現代コンピュータの礎を築いたことで知られる米国ゼロックスの研究所であるパロアルト研究所(PARC)に在籍、PARC日本代表を務める。
PARCではエスノグラフィ(民族誌学)を活用したイノベーションの研究とその活用で様々な企業に対してコンサルティングを行う。PARCは文化人類学で行われていたエスノグラフィを1970年初頭にビジネスやテクノロジーに応用したことで知られている。エスノグラフィやデザイン思考を活用した商品企画、製品・サービスデザイン、及びそのデザインマネジメントが専門。

1984年:
千葉大学工業意匠学科卒業後、NECにてインダストリアルデザイナーとして情報機器の企画・デザインを担当。
1991年:
日産自動車の戦略的子会社でデザインマネジメント・コンサルティング会社である株式会社イードに移籍。様々な自動車メーカー、情報機器メーカー、政府機関などのコンサルティング業務に従事。ユーザーエクスペリエンス部立ち上げに関わり部長職を務めた後に退職。
2009年:
千葉大学にて博士号取得のために研究を開始し、2012年に博士(工学)を授与される。
2012年:
パロアルト研究所(PARC)日本代表
2016年より現職

板垣 順平

長岡造形大学大学院
イノベーションデザイン領域 助教
博士(芸術文化学)

板垣 順平

アジアやアフリカで国際協力プロジェクトに従事し、文化人類学的手法をデザインプロセスとして応用する「デザイン人類学」という概念を用いて様々な発想法を実践している。デザイン思考の教育で有名な米国スタンフォード大学d.schoolにて、イノベーションの創出や人間中心設計についての基礎を学んだのち、現在は、スタンフォード大学での経験をもとに、ヒトの経験や感情から問題発見・解決につなげるデザインプロセスの研究を行っている。また、企業や行政に向けたデザイン思考の研修やワークショップの実施やデザイン思考を活用したNGO活動などを実施している。

2011年:
大阪芸術大学大学院博士課程(後期)修了(博士:芸術文化学)
2013年:
JICA青年海外協力隊短期ボランティアとしてエチオピアにて観光開発プロジェクトに従事
2014年:
国立民族学博物館外来研究員
2013年:
名古屋市立大学芸術工学部研究員として「デザイン人類学」の理論構築及びカリキュラムの設計(以降継続)
2017年:
モーリシャス公立大学工学部の客員研究員としてパームヤシの枯葉を活用した観光資源の開発プロジェクトに従事
2017年:
神戸大学大学院農学研究科地域連携センター学術研究員として,農村での6次産業化プロジェクトや地域人材の育成(地域おこし協力隊制度を活用した取り組み)に従事
2018年より現職

お問合せ・お申込みはこちら