uxlabo

evaluationgrid

評価グリッド法とは

評価グリッド法は、1986年に讃井らによって開発されたインタビュー調査手法である。臨床心理学の分野で治療を目的に開発された面接手法(レパートリーグリッド法)をベースに改良発展させたものである。

評価グリッド法は、パーソナル・コンストラクト理論、すなわち人間は認知構造により環境を理解し、どんな行動をとるべきかを決定し、さらにその結果を予測しようと努めていることを前提としています。ここでいう認知構造は、「窓が大きい−小さい」「天井が高い−低い」といった客観的かつ具体的な理解の単位を下位に、「開放感がある−ない」といった感覚的理解を中位に、さらに「快適な生活が送れる−送れない」といったより抽象的な価値判断を上位に持つ、階層的な構造です。評価グリッド法は、この構造のうち評価に関する部分だけを選択的にとりだし、その構成単位(評価項目)とその構造(評価構造)を回答者自身の言葉によって明らかにすることを狙った手法です。

evaluationgrid

最大の特徴は、回答者にさまざまな環境を提示し、これらを比較しどちらが好ましいかを判断させ、その評価判断の理由を尋ねるという形式で、評価項目を回答者自身の言葉によって抽出する点にあります。「あなたはこの環境に対し、どんなニーズをお持ちですか」といった直接的な質問をするのに比べ、回答者ははるかに容易に自身の評価項目を言語化できるのである。

また単なる比較ではなく評価判断まで行なった上でその理由を尋ねることから、評価にかかわる項目だけを選択的に抽出することが可能で、調査の効率化と結果の冗長性回避が実現できます。さらに評価判断が一種の言質として機能するため、通常のインタビュー調査では抽出しづらい、例えば「お金持ちに見られたい」といった、回答者の本音も引き出しやすいという副次的効果も期待できます。

第二の特徴は、回答者には回答の自由を確保しつつも、調査自体は一定の手順に従って進められる点である。その結果、従来の一般的なインタビュー調査のように、インタビュアーの個人的能力に大きく依存するといったことがなく、安定した結果を期待できるとともに、インタビュアーの主観も最小限に抑えられる。

さらにインタビューの結果のとりまとめに際し、回答者の評価構造を階層的ダイアグラム形式で表現し、回答者のニーズを構造的にかつわかりやすく表現することも特徴です。階層的ダイアグラムの例が、下図となります。

出典:日本建築学会編:よりよい環境創造のための環境心理調査手法入門より著者に許可を得て加筆修正した

評価グリッド法に関する
セミナー・ワークショップ

讃井純一郎教授による評価グリッド法演習セミナー 〜本流の評価グリッド法を習得する〜

讃井純一郎教授による評価グリッド法
演習セミナー
〜本流の評価グリッド法を習得する〜

本演習セミナーは、評価グリッド法のインタビューから構造図作成までを集中的に学び体験することで、皆様の創造的活動の支援につなげます。

2020. 11.2 Mon